上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
結論から言うとイマイチ。


<良い点>
ただ技の出し方は見事にリメイクされていて、ファミコンの感覚
で必殺技をだせばきちんと出る。

<悪い点>
動きが致命的に遅く、全体的にもっさりした感じ。
ボールで攻撃以外にも蹴ったり武器でも攻撃できるようになって
いるのですが、特に面白みもなく邪魔な印象さえ受ける。

キャプテン翼のときも感じたことなのですがファミコンソフトの
リメイクは非常に難しい。


そのまんまリメイク→今プレイしてもあまり面白くない。

グラフィックリメイク→懐かしく感じられない。

追加要素→邪魔。

といった状況になりやすい。

その点ドラクエはよくできてるなって思います。


総合評価 ★
なめんなよ度 ★★★★★
スポンサーサイト
2010.09.02 / Top↑
公式HPも怪しげな雰囲気が漂うナナシノゲエム目。

アドベンチャーゲーム。
「プレイすると一週間後に死んでしまう」と言われている「呪いのゲーム」の謎を解くことが目的。

バイオハザード4のように限られた範囲で謎が解けるようになっているのでサクサク進む。

このゲームはクリア後に追加要素としてアクションゲームが出現する。
HPでも「最凶横スクアクション」と謳っているだけのことはあり、本編よりもむしろこちらの方が
やりがいがある。
自分も挑戦してみてはいるが後半のステージはクリアするのに40回~50回死ぬのは当たり前と
いった感じだ。

暇つぶしにはなかなかいいかも。PVでもどうぞ


総合評価 ★★★
クリア後に注目度 ★★★★★
2010.08.28 / Top↑
ファミコン時代ドラクエがヒットした影響なのか、RPGブームが到来。
どのゲームメーカーもこぞってRPGを発売した時期があった。

当時は舞台は中世、敵はドラゴンという設定のゲームが多く、全体的に
基本システムが一緒で類似製品も多かった。
おそらくRPGを出せばとりあえずそこそこ売れる時代だったのかも。

(まぁそのようなブームがあるからこそ「星をみる人」などのクソゲーも
誕生するので、ほほえましいことではあるが。(リンク先、キャラの移動速度に注目))

そんな時代の中、近未来?を舞台に戦車に乗って賞金稼ぎを倒すという
メタルマックスというゲームが発売され、その斬新なゲームシステムが
多くのユーザーを虜にした。

ってことで前置きが長くなったが、このメタルマックスシリーズが
DSで発売されていたのでプレイしてみたけど操作性とバグが致命的
で10時間くらいでやめてしまいました。

操作に関してはタッチペンオンリー。
戦闘中毎回「たたかう」をタッチして攻撃する敵をタッチする。
ボタン操作ならAボタン連打で終わるのにw

バグに関してはいろいろと報告があがっているようですが自分は
町の人と建物に挟まれて移動できなくなってリセットした記憶が。

大手レビューサイトでもE評価のようです。

でも先日発売されたメタルマックス3はネットで調べたところ
なんぼか名作だとか。


総合評価 ★
メタルマックス3は名作っていう噂度 ★★★★★


2010.08.27 / Top↑
ファミコン版のキャプテン翼とほぼ同じシステムのゲーム。

容量的な問題なのか、必殺技以外の選手の動きにパターンが少ない。
そのせいで普通のパスやシュートは全部一緒の動きになる。

例えば3メートルくらいしか離れていない選手にパスしたはずなのに
画面上では選手が思いっきりボールを蹴る。

そして空に向かってボールが

「ブオオオオオンッ!」

と音をたてて飛んでいき、3メートル先の選手に届く。

普通ならポンッとボールを蹴っておしまいのような距離でパスしても
常にこのような動きになる。

冷静に見ると結構笑えて面白いんですが、ファミコン時代のような
新鮮は感じられず「懐かしい~」で終わってしまった。

まぁそれを狙って作っている可能性も高いかもしれません。


総合評価 ★★
懐かしい度 ★★★★★
2010.08.27 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。